サイトメニュー

子供の気持ちを第一に

悩む子供 小学生の鬱病は、診察室だけで治療を進めることが避けられています。それは、デリケートな時期でもあり、閉塞感を与えないため、回復を早めるために重要視されており、どんな種類の型にも当てはめられる支援を受けられます。

詳しく見る

子供のストレス耐性

悩む女性 今の小学生はストレスに抵抗が弱くなってきているために、鬱病などの大人がなるような病気を発症することもあります。医師や臨床心理士にカウンセリングを受けることで、少しずつ回復する傾向が出てくるので心理療法はキッカケになります。

詳しく見る

子どもの会話から察する

カウンセリング 大人がかかるイメージがある鬱病ですが、最近では小学生で鬱病になってしまうケースも増えています。学校での人間関係や勉強のストレスなど原因は様々です。お子さんに鬱病に傾向が見えてきたら、保護者の方が病院に連れて行きケアするのが大切です。

詳しく見る

子どもでも悩みは深い

悩む子供 鬱病は治らない病気ではなく、早期に話しを聞いてあげる、孤独にさせない温もりが治療を効果的にさせるようです。特に小学生の場合には年齢的に幼く、原因追求はデリケートな問題ですから、色んなネットワークを駆使することもポイントです。

詳しく見る

お子様がつらそうなら

悩む子供 小学生のお子様でも鬱病になる可能性はあるので、つらさを訴えるのなら、精神科のドクターに診てもらいましょう。現在では、子供用の精神科も存在するので、より詳しく診て欲しいのなら、インターネットなどで探してみるのをおすすめします。

詳しく見る

精神科を受診させましょう

ハート

十分な休息や休養を取らせることが大事です

現代は鬱病に罹る小学生が増えていますが、転校などの環境の変化やいじめ、親との家庭不和なども要因になります。子供の場合は大人に比べると、気付きにくい傾向があります。仕事や家事などで忙しい親御さんが増えていますが、お子様が話しやすい環境を整えておくことも大事です。不眠やイライラ、気分の落ち込みなどの症状が見られます。放置をしておくと症状が悪化してしまい、引きこもりや不登校などの原因になります。気になる症状が見られる場合は、心療内科や精神科を受診させることが大事です。子供のいじめは、友達から無視をされたり、SNSを使った陰湿なものが多いので、鬱病の要因になります。小学生の鬱病は、元々の性格でストレス耐性が弱い場合にも、発症することがあります。精神科や心療内科は怖い所ではなく、心の病気の人が通いやすい環境が整っています。親御さんが必ず付き添ってあげるようにして、カウンセリングや問診などを受けることが大事です。病気が診断されたら、十分な休息を取らせることが大事です。

以前の日本に比べると、小学生のお子様も友人関係や、教師との人間関係で悩んでいる人が増えています。鬱病は気分の落ち込みが長く続いたり、成績が下がるなどの変化が見られます。小学生のお子様は、大人に比べると感情表現が下手なので悩みを抱えがちです。お子様の変化に気付いたら、親御さんが話を真剣に聞いてあげることが大事です。心療内科や精神科を受診する前に、教師や保健師などに相談をするのもお勧めです。転校などで大きく環境が変わり、友人がいないなどの場合は、お子様にはかなりのストレスになります。精神科や心療内科の医師や医療スタッフは、お子様の扱いに慣れているので、安心して受診できる環境が整っています。お子様の体に負担の少ない、医薬品を処方してくれるのでしばらくは続けることも大事です。学校内でいじめが発生している場合は、一時的に休学をさせることも大事です。お子様をストレス環境から、一時的に離れることで、辛い症状が改善することもあります。鬱病が診断されても、普段と同じように接してあげることが大事です。

Copyright© 2019 お子様は環境の変化やいじめなどが原因で発症することが多いです All Rights Reserved.