サイトメニュー

子供のストレス耐性

悩む女性

家庭や友人問題

社会との関わりが複雑化している世の中において、子供の教育というのはとても重要だといわれている反面、小学生の鬱病も増加傾向にあります。精神的な疾患ですが発症する原因として、家庭での「家族関係」や学校内の「友人関係」も関連していることや、サポートする保護者、学校の先生が軽視していることも進行を助長しています。現代医療の問題となっている子供の鬱病は、ストレスに対する抵抗の強さが昔と違って弱くなってきていることがわかります。よくある事例としても、学校を転校したことで仲が良い友人が出来にくくなったとか、勉強についていくことができないことも大きな問題です。保護者の方にも理解が広がってきているのも、いつ誰でも関係することが多いということが注目されている理由となります。また小学生とはいえインターネットを使う機会もあるので、SNSなどのツールが原因となり鬱病になってしまうことも少なくありません。保護者や先生の目が届かないところに、子供だけの世界が広がっていることはネット社会の問題の一つです。

ただし小学生が鬱病を発症しないように予防をすることもできるので、保護者の方は慌てないで対応することが求められます。知っておくといいのは対応の仕方にありますので、基本的には子供には不安を煽らないようにすることや叱らないことが前提です。そして専門の医療機関で相談をすることは必須なことで、間違っても独自の判断で対処をしないようにすることが子供を守ることに繋がります。病院やクリニックでは薬物療法をすることができますし、小学生などの子供だと心理療法もおすすめの方法としてあります。医師や臨床心理士がカウンセリングをしてくれますので、行動パターンの修正ができることによって改善する道が開けてくることも可能です。鬱病になってしまう子供では親から言われて「こうしなくてはいけない」と思考パターンも決まっている人もいるので、そこを少しずつ修正することで回復してきます。一種の訓練のようになりますがコミュニケーションを取れることで、小学生なども安心感が出てくるのと話し相手がいないという単純なケースも考えられます。

Copyright© 2019 お子様は環境の変化やいじめなどが原因で発症することが多いです All Rights Reserved.