サイトメニュー

子どもでも悩みは深い

悩む子供

内に秘めていることを引き出す

おそらく小学生にとって、もっとも精神科・心療内科に触れる機会が多いのが、鬱病の相談でしょう。治療の前には診断があり、診断の前には受診が前提にありますが、何より相談することも重要なのです。医療機関での面会式の相談から電話相談、また、各市町村で行う無料の医療相談、さらには子ども保険会社のサービスでの相談など様々な場があります。治療費用は、保険が利くものだけではありませんから、従って、相談は子どもにとってはとても重要な場となりますし、専門医も、様々な場面で鬱病の相談に応じることになります。そして場合によっては、そのまま診察や治療を受任することもあり、相談が開拓する道の一つとなり得ることもあります。小学生にとってもっとも悩みを打ち明けやすいのは、家族や友達、医療機関ならば小児科でしょう。小学生の鬱病を解決に導くのは、精神科・心療内科の医師だけとは限りません。治すには医師の手を利用しますが、解決案、策は家庭や地域、教育現場でも導けるのです。独りにさせない、ここに気をつけられるのも家族や地域などです。

小学生でも鬱病になるのか、もちろん発症するリスクが0ではありませんから、日頃から家族間でのコミュニケーションは濃いものが望ましいようです。精神科・心療内科での治療には薬物療法があり、抗うつ剤も用いられます。しかし、小学生の場合には保護者からの要望も含め、副作用の不安要素からもカウンセリングを中心に利用することが定着しています。医師いわく、『気持ちの奥にあるもの』『ぼんやりしているもの』を拾い集めるようにしているそうです。健康状態、趣味、将来の夢など、質問形式で聞くのではなく、家族みたいに自然な会話を通して話してもらえる雰囲気をつくり、本人からリラックスして話してくれるように持っていくようです。在宅療養も利用可能で、安心感のある自宅、子ども部屋で話しを聞いてくれます。原因が明らかになったら、それらを双方で確認しながら『要望』としてまとめます。また、広いネットワークの構築が不可欠だともいいます。他の精神科・心療内科医、チャイルドカウンセラー、鬱病アドバイザーなどが一例です。小学生を救うのは、人に限ってではありません。ぬいぐるみ、動物、アロマオイルなどのセラピスト(療法)も活用できます。

Copyright© 2019 お子様は環境の変化やいじめなどが原因で発症することが多いです All Rights Reserved.