サイトメニュー

お子様がつらそうなら

悩む子供

お子様がつらそうにしているなら医療施設へ

昔は鬱病は大人の病気とされていましたが、現在では子供もかかる病気とされています。そのため、もしも小学生のお子様の気分が落ち込んでいて、つらいと訴えているのなら、精神科に連れていって診てもらうことを考えましょう。鬱病は大人でも苦しい病気なので、小学生のお子様には耐えられないつらさでしょうから、早めに専門のドクターがいる病院やクリニックを訪れることをおすすめします。なお、現在では子供用の精神科をやっているところもあるので、近所にないか探してみましょう。大人用でも問題なく通えるのですが、専門のところがあるのなら、そちらを活用したほうがよいです。インターネットで調べれば、子供用の精神科がある病院や面他クリニックが見つかるので、所在地を確かめてみましょう。もちろん、小学生ならば、親が診察室に付き添って、ドクターの話を聞くことができます。その場合は、子供だけに話をさせるのではなく、親から見たお子様の様子をしっかりとドクターに伝えて、診断に役立ててもらいましょう。

小学生の鬱病も大人と同じで、気持ちが落ち込んだり、やる気がなくなったりする症状が起きます。ただ、大人ならば鬱病の知識があるので、調子が悪ければ病気かもしれないと、ある程度の判断ができます。しかし、小学生の場合はあまり知識がないため、自身の調子の悪さが病気からくるものなのか分からない場合があるので、つらいというのなら親が判断してあげましょう。なお、お子様が鬱病かどうか判断できるチェックシートがインターネットで公開されているので、試しにやってみることをおすすめします。単純な質問に答えていけばよいだけなため、小学生だとしても、しっかりと確認ができるでしょう。ただし、チェックシートで鬱病ではないと判断されても、お子様がつらいと訴えるのなら、精神科を訪れましょう。もしかすると、チェックシートの結果が間違っているかもしれませんし、鬱病ではないほかの病気が原因になっているかもしれません。症状が病気なのかどうかは、専門のドクターに診てもらって判断してもらいましょう。

Copyright© 2019 お子様は環境の変化やいじめなどが原因で発症することが多いです All Rights Reserved.