サイトメニュー

子供の気持ちを第一に

悩む子供

地域医療がサポートする

個別の相談にあたるのが医師で、小学生のニーズに応え、信頼感を与えることを重要視しています。また、症状が同じ鬱病でも、キッカケや内心は小学生であれ1人1人違います。結論が出ない場合も少なくありません。例えば、親の不仲がキッカケならば、その話し合いには時間を要する可能性もあり、考えられる治療の選択肢をいくつか提案し、選択させることもあります。鬱病の治療は基本、診察室で行われますが、これは経過報告や服用する抗鬱薬の変更が必要なのかをチェックするためです。従って、本当の意味での治療の仕組みは場所を選ばずという内容です。例えば、自傷行為があれば、ホスピタリティある入院生活での療養です。また、学校生活に復帰するために利用されているのが、精神的にリラックスできる図書館です。これは時と場合で、公共・学校を使い分けています。通い慣れた、親しみやすい、静か、というメリットがある一方、友達が多いというデメリットもあります。寂しさがあれば学校、干渉されたくなければ公共、こうした治療場所も専門医が提案しています。調べたいこと、学びたいこと、自宅にこもるよりもサポートされた環境が用意されています。図書スタッフも皆、子供の接し方に慣れています。

精神科・心療内科では、原因解明を急ぐとともに治療を院内だけでなく、ネットワークを駆使して多方面で治療を行っています。例えば、仮面鬱もありますし、非定型鬱もあります。躁状態と抑鬱の両方が出現したり、抑鬱が全面に出ながらも軽い躁状態も含む、こうした種類もあります。小学生が発症するキッカケ、原因は、家庭・教育の現場にあることが多いようです。本来ならば、家庭・地域・学校の3本柱で子供たちの教育指導を担うものの、地域がキッカケに鬱病を発症する例は少ないことを専門医が挙げています。当たり障りのない触れ合い、これが功を奏しているようです。もっとも多いキッカケはいじめ、そこから不登校(引きこもり)になり、食欲不振や不眠、こうして軽い鬱病を招きます。引きこもり鬱とも呼ばれるのが、社会人にも通ずる登校拒否型の鬱です。特徴は、学校に行く時間になれば頭痛や吐き気、不安などの症状に見舞われたり、行きたくない、そうした感情も押し寄せるようです。小学生のこうした感情を和らげるためには、ご年配主体となる地域のコミュニティーに参加を促します。親子参加も可能で、午前に気分が晴れる、午後から晴れる、そうした時間の症状にもリラックスできる携わりが地域にあるようです。

Copyright© 2019 お子様は環境の変化やいじめなどが原因で発症することが多いです All Rights Reserved.